浮気(不倫)とは

不倫は配偶者のある男や女が、配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことをいう(配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も含む)。古くは姦通、不義密通といった(くだけた表現では浮気と呼ばれる。この言葉は未婚の恋人同士でも使われる)。
単に妻のいる男性が女性(既婚・未婚は不問)とデートするなどの浮気で、相手方の合意があれば犯罪行為とされないため、すぐ刑事罰に問われることはないが、道義的に問題のある行為であり、その代償は非常に大きい。たとえ犯罪でないとはいえ、家庭や友人関係を一気に崩壊させる危険をはらみ、経済的・精神的に深刻な打撃を受け、社会的信用はもとより、自身の社会的な基盤すらをも失う可能性がある(旧刑法だと姦通罪で罰せられることもあった)。

不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることもあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植え付けてしまう。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。 重婚的内縁関係に於いては、実子を邪魔な存在と感じて児童虐待に及ぶケースも後を絶たない。

関係の解消の際には、今までの関係を暴露すると脅されたり、口止め料や手切れ金を要求される場合もあるため、これらのトラブルも代償とされる。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より


■何がポイントで、どんな調査をしてもらえるの?
つまり,肉体関係があり、かつ継続的に付き合いが続いていることが問題となってきます。浮気調査は前記述を立証していくことになるのですが、どの程度の情報を保有しているのか、どの部分を知りたいのかで調査パターンは違ってくるものです。

■保有情報より知りたい情報の調査から慰謝料請求まで
浮気調査を頼む段階で何を調査目的とするかは、掴んでいる情報量によって様々なパターンがあります。例えば、パートナーの素行がしりたいのか、浮気相手の住所だけが知りたいのか、裁判で通用するまでのもの(慰謝料請求)が必要かなど。目的により調査日数や料金は変わってきてしまいます。

浮気の調査パターン
 夫・妻の素行調査
特殊機材にて調査
 GPSを使用した行動調査。
 浮気相手の写真など、浮気相手に関する情報収集
 離婚までは考えていない。でも、浮気をしているのか知りたい。浮気の事実確認調査。
 情報調査(自動車の登録番号から氏名・住所
   携帯電話から、勤務先からなど)→
 裁判、調停の為の決定的証拠の入手(慰謝料請求)
 上記以外のパターンももちろん可能です。
   ご相談内容に応じ対応致します。

→ 3.浮気調査料金 


女性相談員在中! 女性のお客様も安心 お一人でもお気軽にご来店ください


■お問い合わせ
24時間相談見積もり無料

24時間受付! 0280-23-4637

メール・電話でのお問い合わせ、ご相談を無料で24時間受け付けています!
お問い合わせフォーム

浮気調査サブメニュー

相談・お見積り無料!

お客様に合わせた調査プランをご提案

相談無料

information

茨城県古河市女沼397-1 秋山ビル
TEL:0280-23-4637
FAX:0280-23-4638
Mail:kensei@koga-tantei.com
電話、メール:24時間受付
古河探偵事務所
茨城県公安委員会届出 第40100019号